家づくりお役立ち情報

2021.04.7

新築をお考えですか?自然素材を使った家がおすすめです!

カテゴリー: 未分類

新築をお考えの方で、自然素材を取り入れようか考えている方はいらっしゃいませんか。
自然素材は、健康的で気持ちよく暮らせる家におすすめです。
本記事では自然素材のメリットとデメリットについて紹介します。
本記事が新築をお考えの方の参考になれば幸いです。

□自然素材の種類について

漆喰とは、消石灰と呼ばれる石灰石からできた素材です。
これは、主に塗り壁として使用されており、徐々に年月が経つにつれて固まっていく特徴があります。
そのため、呼吸する壁と言われており、使うのに合わせて愛着が湧いてくるでしょう。

メリットとしては、湿度を調節する機能があることです。
夏は湿度を吸収する一方で、冬は乾燥を防いでくれます。
また、漆喰は燃えない素材でもあるため、防火効果も期待できるでしょう。

反対にデメリットは、工期が長くなることです。
塗り壁全体に言えることでもありますが、壁紙を貼る場合と比較するとやはり時間がかかります。
また、使い方や気候によってはひび割れやすい傾向もあるでしょう。

次に、無垢材について紹介します。
無垢材とは木を切って使いやすい大きさにしたものをそのまま家具や床に使用することを指します。

メリットとしては、肌触りが良いことや時間が経つことで風合いや色が味わい深いものに変化することでしょう。

また、無垢材には保湿効果や断熱効果が期待できます。
また、木にはリラックス効果もあるため、部屋を過ごしやすくリラックスできる空間にできるでしょう。

無垢材のデメリットとしては、乾燥による変形や変色が挙げられます。
無垢材の乾燥が不十分だと変形や変色が起こる可能性があります。

また、複合フローリングと比較すると色にばらつきが見られるでしょう。
しかし、それも風合いとして愛着を持っておられる方も多くいらっしゃいますよ。

□自然素材を使った家のメリットを紹介!

ここからは、自然素材を使った家のメリットについて紹介します。

まず、その素材ならではの見た目や風合いと楽しめることです。
無垢材に使用する木の種類や、塗り壁の素材の違いといったこだわりを活かしたデザインにすれば、愛着を持てる家ができるでしょう。

次に、健康的な暮らしができることが挙げられます。
特に、喘息やアトピーやアレルギーを持っている方が家族にいらっしゃる場合、自然素材を使った家でそれらが解消する場合があります。
化学物質をできるだけ使わない暮らしができることは、大きなメリットですよね。

自然素材には、蓄熱性や保湿性、消臭性といった機能が備わっています。
無垢材の床を使用すれば、冬になっても床が暖かく柔らかいでしょう。

また、珪藻土や漆喰を使用した塗り壁には、消臭機能や調湿機能があります。
こういった機能をうまく活かした家を作れることはメリットだと言えるでしょう。

□まとめ

自然素材ならではの特徴やメリットを生かした家は、明るい雰囲気になりますし、機能性も高いため非常におすすめです。
それぞれの素材のメリットやデメリットを見比べて、ぜひ検討してみてください。



↑トップへ