家づくりお役立ち情報

2021.04.30

一戸建ての屋根が決められない!ポイントを紹介します

カテゴリー: 未分類

一戸建てを検討されている方の中には屋根の形について悩んでいる方もいらっしゃると思います。
屋根は外観の印象に大きく関わるため迷ってしまいますよね。
本記事では屋根のポイントについて紹介します。

□屋根の種類とは?

皆さんの中に普段から家の屋根の形や種類について気にしている方はあまりいらっしゃらないと思います。
実は、屋根にはいくつかの種類があり、それぞれ少しずつ形や特徴が異なっています。
ここからは4種類の屋根の種類と特徴について紹介していきます。

まず、切妻屋根について紹介します。
切妻屋根とは日本人が屋根と聞いた際に最初に思い浮かぶような形をしています。
子どもが絵で描いた家に乗っているような三角のシンプルな形の屋根のことを指します。
シンプルな形のメリットとして、屋根のメンテナンスが楽でランニングコストが低いことが挙げられるでしょう。

次に、寄棟屋根について紹介します。
こちらは、屋根の頂上で4面ある屋根が合わさっている形の屋根のことです。
4つの面を組み合わせて屋根を作るため、切妻屋根と比較して傾斜面が少ないという特徴があります。

しかし、継ぎ目が多いため、切妻屋根と比較すると建設費が高くなります。

片流れ屋根は頂点から片方にだけ流れる屋根です。
小さな敷地の建物に多く取り入れられている屋根で、さらに太陽光パネルも設置しやすいという特徴があります。

陸屋根は、フラットルーフとも呼ばれ、屋上がある平らな屋根のことを指します。
豪雪地帯では落雪を防止するために用いられることもあるタイプの屋根です。
しかし、屋根部分が平坦であるため、水が屋根に溜まりやすいデメリットもあります。
陸屋根といっても少しだけ傾斜をつけるなど工夫をすることがおすすめです。

□屋根の種類による印象の変化

屋根の種類によって、家の外観は大きく変わります。
例えば、切妻屋根や寄棟屋根は一般的によく見られるタイプであるため、和風洋風問わず、さまざまなデザインの外観にフィットします。

一方で、片流れ屋根や陸屋根といったタイプはスタリッシュで現代的な印象を与えます。

このように、屋根は形によって特徴や与える印象が異なるため、しっかりと比較検討した上で選ぶことが大切です。
担当の方としっかり相談して理想のマイホームにぴったりな屋根を見つけてくださいね。

□まとめ

今回は一戸建てをお考えの方に向けて、一戸建ての屋根について紹介しました。
それぞれの屋根の特徴や外観のイメージについて比較してぜひこだわりのマイホームにぴったりの屋根を選んでみてください。



↑トップへ