家づくりお役立ち情報

2021.07.20

注文住宅をご検討中の方へ!防犯対策について解説します!

カテゴリー: 未分類

注文住宅をお考えで、防犯対策に不安がある方はいらっしゃいませんか。
防犯対策がしっかりしていると、安心して過ごせますよね。
そこで今回は、注文住宅の防犯対策について解説します。
ぜひ、防犯対策をする際の参考にしてみてください。

□空き巣に狙われやすい環境とは?

空き巣に狙われやすい環境はいくつか挙げられますが、ここでは3つご紹介します。

まず1つ目は、近くに大きな公園があることです。
侵入者は物件の下見を行います。
近くに大きな公園があると、侵入者は不特定多数の人に紛れて長時間下見が可能ですよね。
そのため、窓はどこについているかなどの下見を入念にされる可能性があります。

2つ目は、庭に樹木が多く見通しが悪いことです。
庭に樹木をたくさん植えている住宅や高い塀に囲まれている住宅は注意しましょう。
樹木や塀で住宅が囲まれていると、安心できると感じる方もいらっしゃいますよね。
しかし、一度侵入すると外から誰にも見られないため大変危険です。

3つ目は、視覚の悪い立地にあることです。
視覚の悪い立地は死角が生まれやすいですよね。
そのため、侵入や逃走がしやすく、空き巣に入っても周りに気付かれにくいです。
視覚が悪い立地に住宅を建てる際は、防犯対策をしっかりと行うことをおすすめします。

□場所別の防犯対策についてご紹介します!

ここでは、窓と玄関、外回りの防犯対策についてご紹介します。
ぜひ、防犯対策を行う際の参考にしてみてください。

*窓

窓にはたくさんの種類がありますが、中でも大きな掃き出し窓の設置場所に注意しましょう。
設置場所は、見通しが良く敷地内を通らないと近づけないような場所がおすすめです。
また、掃き出し窓に防犯ガラスを取り入れるのも良いですね。

*玄関

玄関は、普段から家族以外の人も近づく場所ですよね。
そのため、訪問者がわかるインターフォンの設置をおすすめします。
さらに玄関の防犯対策として、ピッキングされにくい鍵を使用すると良いですね。

*外回り

ガレージを利用して、2階から侵入されることも考えられます。
そのため、侵入するための足場の有無を確認しましょう。
外回りの防犯対策として1番のおすすめは砂利です。
砂利が敷いてあるところを通らないと侵入できない状態にすることで、侵入の抑制になりますね。

□まとめ

この記事では、注文住宅の防犯対策について解説しました。
空き巣に狙われやすい環境として、近くに大きな公園があることや視覚の悪い立地にあることが挙げられます。
窓や玄関、外回りに防犯対策を行いましょう。
注文住宅をお考えの方はこの記事を参考に防犯対策をしてみてはいかがでしょうか。



↑トップへ