家づくりお役立ち情報

2021.09.30

注文住宅の予算の決め方やローン借入額について解説します!

カテゴリー: 未分類

住宅を購入する時に悩むことの1つに住宅購入資金がありますよね。
予算決めや住宅ローンについては、何度調べても不安が尽きないでしょう。
今回は、注文住宅の購入を検討されている方に向けて、予算の決め方や住宅ローン借入額についてご紹介します。

□予算を決めるときの基本的な考え方を紹介!

マイホームの予算決めで悩む方はとても多いです。
ここでは、そのような方に向けて、予算決めの基本的な考え方をご紹介します。

マイホーム予算

まず、予算を決める際には、費用内訳を知っておきましょう。
住宅を建てるためには、大きく以下の3つの費用が必要です。
・土地購入費用
・建物建築費用
・諸費用

それを知った上で、予算の決め方を解説します。
予算を決める時には、まず年収額と貯蓄額から総予算を決定します。
その理由は、全体の予算を決めておかないと、土地購入代金や建物にかけられる予算の配分が決められないためです。

次に、土地と建物にかける予算の配分を決めましょう。
予算配分がしっかりと決まっていれば、良い土地が見つかった時に購入するかしないかを即決できるでしょう。
また、間取りやオプションをはじめとした家づくりもスムーズに進みます。

最後に、諸費用のための現金を確保します。
諸費用には、契約にかかる手数料や引っ越し費用が含まれます。
物件価格の1割程度を想定しておきましょう。
現金で支払う必要があるので、計画的に確保しておきたいですね。

□総予算の決め方やローンの借入額の決め方を紹介!

ここでは、総予算の決め方とローン借入額をご紹介します。

まず、住宅購入の総予算は自己資金と住宅ローン借入額によって算出されます。
自己資金は、頭金や諸費用に使いますが、住宅購入に使う額を決める際には当面の教育資金や生活資金等を差し引く必要があります。
無理に頭金を入れると、後々生活が苦しくなる可能性があるので余裕を持った資金計画が大切です。

住宅ローンの借入額は、年収から考えましょう。
一般的に、無理なく住宅ローンを返済できるのは返済比率が20〜25パーセントである場合とされています。
返済比率とは、年収に住宅ローン返済額が占める割合を指します。
つまり、年収のうち20〜25パーセントの借入額であれば、毎月無理なく返済できるということですね。

しかし、お客様それぞれによって最適な借入額は違います。
当社ではローンのことまで相談に乗らせていただきます。
お客様の家づくりを総合的にサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

□まとめ

本記事では、注文住宅の予算の決め方とローン借入額をご紹介しました。
今までの不安は少しでも拭えたでしょうか。
資金については誰もが不安になることです。
当社では、資金計画についてもしっかりとサポートしていきますので、ぜひご相談くださいね。



↑トップへ