家づくりお役立ち情報

2021.12.8

キッチンにパントリーは必要?家づくりをお考えの方は注目!

カテゴリー: 未分類

「パントリーに憧れを感じているけど本当に必要なのかな」
「実用的なパントリーを実現するにはどうすれば良いのかな」
このように、家づくりをお考えでキッチンにパントリーを設けるかどうかお悩みの方は多いでしょう。
そこで今回は、パントリーの魅力と実用的なパントリーにするにはどうしたら良いのかご紹介します。

□パントリーの必要性とは?パントリーの魅力をご紹介!

ここからは、パントリーの魅力を3つご紹介します。

1つ目は、たくさんストックできることです。
例えば、仕事で忙しいことが理由で頻繁に買い物に行けない方、大家族で一度の買い物で購入するモノが多い方はまとめて買い物をしてパントリーに保管すると便利です。

2つ目は、収納したものを探しやすいことです。
パントリーには収納棚がオープンな状態になっているものもあり、収納したモノを探しやすいといった魅力があります。
そのため、調理時にモノを探すときにも無駄な時間がかからないので、調理の効率も上がるでしょう。

3つ目は、キッチン回りの整理整頓が楽であることです。
収納力が豊富なパントリーがあれば、食品や調味料がたくさんあっても全て収納できるので整理整頓が楽です。
常にキッチン周辺が整理整頓された状態で維持できるので、効率良く料理ができるでしょう。

□実用的なパントリーにするには?

ここからは、実用的なパントリーを実現するにはどうした良いのか考え方をご紹介します。

キッチンや他の部屋の広さを減らしてまで作る空間なので、使い勝手の良いパントリーを実現したいですよね。
そのため、パントリーの設置場所や生活動線をよく考えて設計する必要があります。
パントリーが一番使いやすいのは、キッチンの横に設けた間取りです。

また、キッチンの奥にパントリーを設けてしまうと重たい荷物を抱えてキッチンを通る必要があり、ストレスに感じる場合があるでしょう。
そのための対策として、荷物を玄関からダイレクトにパントリーに運べて、さらにキッチンにも繋がっているなど、扉が2方向にある間取りであれば使い勝手が良くておすすめです。

□まとめ

今回の記事では、パントリーの魅力と実用的なパントリーを実現するためにはどうしたら良いのかご紹介しました。
ぜひ本記事を参考に、キッチンにパントリーを設けるかどうか検討してみてください。
また、家づくりに関する悩みがあれば、最後まで丁寧にサポートさせていただきますのでお気軽に当社までご相談ください。



↑トップへ