家づくりお役立ち情報

2022.01.7

年収400万円でも住宅ローンは組める!無理のない返済額もご紹介!

カテゴリー: 未分類

「年収400万円で住宅ローンは組めるのかな」
「無理なく返せる額はどれくらいだろう」
家づくりには、住宅ローンは欠かせませんよね。

特にお金の面ですので、悩まれる方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、年収400万円でも住宅ローンは組めることと、無理なく返済できる額をご紹介します。

□年収400万円で住宅ローンは組めるのか

年収400万円で住宅ローンは組めるかとお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
結論から申し上げますと、年収400万円であれば住宅ローンは組めます。
ただし、年収400万円未満であればやや条件が厳しくなる場合があることを覚えておきましょう。

例えば、年収400万円未満で「フラット35」を利用する場合、「年収に対する年間合計返済額の割合は、30パーセント以内という条件を満たす必要があります。

年収400万円以上の場合は、35パーセント以内です。
年収400万円の場合は、教育ローンやカーローン、カードローン等を含めて年間合計返済額の割合を35パーセント以内、つまり140万円以内に収める必要があるということです。

しかし、「フラット35」には、年収や収入の安定度は審査対象にはならないのでご安心ください。

□無理なく返せる額についてご紹介!

住宅ローンを借りた場合、無理なく返せる額にする必要があります。
では、無理なく返せる額とはどれくらいでしょうか。

返済比率としては、年収の25パーセントまでと捉えておくと良いでしょう。
ここでいう年収は、額面年収を指します。

月々の返済額の目安は、年収の25パーセントを1年で割った額が上限と覚えておきましょう。

例えば、年収400万円であれば、およそ8.3万円が月々の返済額の目安です。
返済比率が25パーセントを超えてしまうと、生活が苦しくなる恐れがあります。

ただし、返済比率が25パーセントを超えなかったとしても、お金がとてもかかる時期があります。
重要なライフイベントの際にお金がないという状況では悲しいですよね。

そのため、借りられる上限という認識ではなく、現実的に返済が可能である額を借りるようにしましょう。
事前にしっかりと計算をして、無理のない返済計画をたてましょう。

□まとめ

この記事では、年収400万円でも住宅ローンは組めることと、無理なく返済できる額をご紹介しました。
家づくりには、無理のない返済計画をたてることが重要です。

必要なときに手元に資金を置いておけるように、じっくりと返済計画をたててみてはいかがでしょうか。
何かご質問がございましたらお気軽にお問合せください。



↑トップへ