スタッフブログ

2019.09.8

外壁の色は・・・

カテゴリー: フクダのいろいろ日記

家づくりプランナー 福田です。

妻鳥町Iさま邸の現場では、外壁工事の仕上をしていました。

 

 

外壁材を張り、継ぎ目の目地をパテと寒冷紗と言う、メッシュで平滑にします。

窓や軒など汚れないようにシートで養生し、下地まで完了です。

 

 

まず、材料を外壁に吹き付けます。そのあと左官屋さんがコテで平滑に塗装材を押さえます。

 

すると、こんな模様に仕上がります。

この模様は『トラバーチン』と言う仕上げ方で、西川建設でも人気の仕上です。

『吹放し』と言う仕上げ方もありますが、トラバーチンの方が上品な感じになります。

 

 

しかも、今回の色はミドリ・・・と言うより、モスグリーン。

普段、西川建設では『真っ白なホワイト色』か『少し落ち付いたベージュ色』が多い外壁ですが

今回はお施主様の当初からの希望で、この色になりました。

軒の杉板の色とも良く似合っていますね。

ここにルーバー格子やウッドデッキ、フェンスが加わると・・・カッコいいイメージしかできません。

今から、足場の撤去

そして、完成が楽しみです。

 

 

 

 

 

↑トップへ