スタッフブログ

2019.06.18

梅雨はどこへ…

こんにちは、設計の井原です。

 

梅雨入りは一体いつするのかというくらい今年はまとまった雨が少ない6月ですね。

今日のように曇りだとまだ気持ち良くて良いのですが、

日差しが強かった昨日は、現場へ出て立ってるだけでかなり焼けた気がしています(^^;)

 

実は先々週息子が胃腸炎をもらい、月曜日は看病でお休みを、

気を付けていたもののやっぱりもらってしまい、金曜は自分が胃腸炎になりお休みをいただいてました。

食欲も無く、少し食べたとしても…で本当に久しぶりに辛かったです。

いつもは食欲旺盛すぎる息子ですが、胃腸炎の3日間はバナナとヨーグルトしか食べず。

その気持ちがすごくわかりました。。。(私はバナナも食べれませんでしたが)

週末の予定もいろいろとキャンセルし、ゆっくりしてようやく復活しました。

本当に健康が一番ですね。もうトイレとお友達は嫌です!

胃が小さくなったこの機会にダイエットにもつなげよう!とプラス思考に考えます(笑)

 

病院でも先生に言われましたが、胃腸の風邪が本当に流行っているようなので

みなさんも気を付けてください。

 

 

さて、今日から新しい模型作りに入ります。

材料もばっちり揃いました。

CADで図面を書いたり、パースを作成するのももちろん好きですが、

模型はまた少し違ったワクワクがあります!

また完成したら、紹介させてくださいね。

カテゴリー: まいの暮らし


2019.06.14

準備すすめてます!

こんにちは。

西川建設 久保本です。

週末に予約制の見学会を控え、その準備も行っていたのですが、同時に少しづつ
『ふれあい感謝祭』の準備もすすめています。
今年は7月21日(


毎年恒例の縁日やお食事コーナー、バルーンコーナーなどに加え・・・
ハンドメイド作家さんたちの素敵なブースが♪
いろいろなマルシェやイベントに参加されている皆様なので、きっと見かけたことのある作家さんたちだと思います。
お楽しみに。

昨年と同様に、大工さんと一緒に木工作品を作ったり、他にも自分で作品を作れるコーナーも。
親子で楽しむもよし、夏休みの宿題にしてしまうもよし!

そして今年は工事に使う重機もいくつか展示しますよ~♪

はたらく車が大好きなお子様、大人様も!楽しんでいただけると思います。

詳しい内容は、また順次発表していけたらなと思いますので、ホームページやInstagram、Facebookなどチェックしてみてくださいね♪

カテゴリー: イベントのお知らせ,まゆみの日々のあわ


2019.06.13

Fantasy on Ice 2019 in KOBE

西川建設 高橋です。

偶然、旅行会社のチラシで

『ファンタジー オン アイス』を見つけ

6人キャンセル待ちでしたが、ひたすら連絡を待っていました。

結局、その前日の同じツアーに空きがあり、

参加できることになりました。ラッキー。。。

 

高知発『巨峰 ライン』のバス。

 

  

神戸ワールド記念ホール。

氷を作る発電機かなぁ。(真ん中写真)

お客さんが入場していますが95%女性。

ファンレターや花束の手渡しは禁止で、

会場入ると選手の名前が書いてある大きな箱に入れることになっています。

(ここらは宝塚歌劇と重なります)

男子トイレもほぼこの日は女子トイレの表示になり、

(だけど、25分の途中休憩でさばききれない)

 

開演前のみ写真はOK。

機械で氷を整えてます。(左写真)

演奏や歌手が歌うステージが左端にあります。(右写真)

 

 

  

羽生結弦・織田信成・プルシェンコ etc.

 

   

紀平梨花・メドベージェワ・宮原知子・ザギトワ・鈴木明子・坂本花織 etc.

さらに、ステージで歌う Toshi や May J のバックで演技します。

贅沢三昧の3時間のショーです。

私たちはSS席。22000円也。

ならばプレミア席はいったいいくら?

ざっと入場者数が8000人。自然に計算してしまいます。

(レジ袋の5円はもったいなくて買わないけれど、これは惜しくない)

 

フィナーレは全員が出てきて一人ずつ得意のジャンプを披露します。

何回か失敗して、残って成功するまで挑戦していたザギトワが印象的。

何といっても羽生君の存在がすごい。出てきただけで空気が違う。

帰りのバスの中で「一番印象に残った演技は?」の答えは、

夫も私も宮原選手でした。

 

 

スケートにちなんで

『氷上のスケート』事務所ガールズかなちゃんの作品。

(ちなみに平成21年作ですが 笑)

白いタイルの上に作品を飾っています。

 

 

カテゴリー: E.T.の部屋


2019.06.12

友達はいいもんだ

「梅干しと友達は古いほど良い」

ってどこぞのだれかが思い立って言ぅたらしいけど

なるほどって思った人が多いから残ってるコトバ

 

そこは梅干しじゃなくても良くね?とつまんない突っ込みをしてしまいがちの

更年期ひねくれ傾向にある かなデス。

 

「医者と味噌は古いほど良い」なんてのもあるし

どっちが先か…

まぁ日本全国津々浦々 考え思いつくのは一緒なんやね~

となんとなく感心もしている あたくし

先日、高校時代からの古い友人の新築祝いにお招き頂き行って参りました。

もちのろん、西川建設で施工させていただきましたので そこは快適空間(笑)

その広々としたリビングの 洒落たテーブルの上には

とても50に手が届く女子5人で食べる量じゃないよね?っていう豪華過ぎるお料理が・・・笑笑

 

こんなにどーするーん!

あたしたち女子やでー!

なんて言いながら結局食べちゃいましたけど….

 

素敵なおもてなしをしていただき

酒も入り(^_^;)時が過ぎるのも忘れ…

夕方6時開始から7時間 喋り倒しデス

家のこと、健康のこと、子どもの悩み、ペット相談からお墓のこと

はたまた、これから注目のジャニーズJr.の話題まで

興味あろうがなかろうがとにかく女子の話は果てしなく広い!そして長い!(笑)

個々の悩みは多かれど

世間のオバちゃんが元気なのがすっごい分かるわぁ~って

客観視した7時間デシタ(*^_^*)

 

もうかれこれ長くて35年の付き合い

結婚や出産、日々追われる生活で以前ほど会えなかったりするし

会わない時は2年とか5年とか…もうそんなになる!?ってくらい会えないことも。

だけど、そんなブランクもなかったかのように いつも話ははじめからトップギア

女子高生にタイムスリップ

女子はみんなそんなもんですな(笑)

何に恵まれずとも 友人には恵まれていると常々感じます。感謝感謝♫

 

幸い 人よりちょっとだけ社交的な性格ゆえ

大人になってからできた大切な友人もあり。

自分にフタさえしてなければ いくつになっても友だちってできるもんデス。

 

「五十になれば五十の縁あり」

実に 言い得て妙

 

これからの出会いも楽しみ♫

 

ほいじゃ~また来週

 

 

 

カテゴリー: 気分はラッタッタッタ♪


2019.06.11

子供のためのおもちゃ収納

こんにちは、西川建設 井原です。

 

一年ほど前の産休・育休中、子育て中心の日々の中で興味が出てきた幼児教育と食育の分野。

時間を見つけて幼児教育アドバイザーとアスリートフードマイスター(は三級ですが)などの資格を取得したのですが

その時に、以前話題になったモンテッソーリ教育も少しだけ勉強しました。

モンテッソーリ教育とは、医師であり教育家であったマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法で

将棋の最年少プロ、藤井聡太四段が幼稚園の時に受けたということで、去年話題になりご存知の方も多いと思います。

ここでは詳しい内容の記載はしませんが、保育園・幼稚園で取り入れているところも多くなり、

最近ではおうちモンテッソーリといい自宅での過ごし方に取り入れる方も多いようです。

 

このモンテッソーリ教育では、子供達が自分で取ることができる高さの棚に、教具が決められた場所に置かれています。

これにももちろん、ちゃんとした理由があり、

「自分でできる」「自分で選ぶ」環境が整った所で過ごすことにより、幼いうちから『自立』の心を育てているそうです。

 

私も参考にし、おもちゃの収納などを試行錯誤してきました。

特に乗り物が好きな息子は、お下がりも含めてプラレールやトミカなどがたくさんあります。

 

親としては、いろんな色で溢れるおもちゃのごちゃごちゃ感を隠したくて

統一したBOXなどにまとめて入れたり、引出収納に綺麗に並べて入れたりしていましたが、

2歳の息子にはまだどこになにがあるか全てを把握することができず、

遊ぶ時には一気に全て出し散らかし、遊んだ後はもちろん片付けもできません。

それを見ては「元に戻しなさーい!」となるのですが、子供にとっては『元の場所』がわからないので

片付けできなくて当たり前なのです。

 

そこでこのモンテッソーリの教材棚の原理を参考に、

子供の目線でトミカとプラレールひとつひとつに「おうち(決められた場所)」を作りました。

とは言っても、多分どこのホームセンターでも買える、ラック支柱と

あらかじめカットされた面取り(角を取っている)された木材をはめ込んだだけ(^^;)

それにいつも模型作りで活躍している、工作用の檜材を先端にボンドでペタリ。

これがあるだけで、トミカが落ちないのです!

制作時間数分で誰でもできますが、なかなかこの奥行の棚って売ってないんですよね。

 

この棚にしてからは、息子も自分で選び、右下に置いてあるカゴに入れてリビングへ持っていき

「おうちへ戻してあげよう~」というと片付けも自分でできるようになりました。

 

前回のブログでも書かせていただきましたが、

片付けやすい環境を作るのは本当に大切だなぁと実感しました。

 

いま他にも子供部屋の収納を全体的に見直し中ですので、

また完成したら報告したいと思います(^^)

 

   ―――――――――――――――――――――――――

   子育て安心住宅・設計室 西川建設株式会社

   〒799-0111 愛媛県四国中央市金生町下分1114

   TEL0120-58-4767   FAX0896-58-2191

   ―――――――――――――――――――――――――

カテゴリー: まいの暮らし


2019.06.7

暑さと寒さのガマンは健康の大敵です!

こんにちは。

西川建設 久保本です。
だんだんと夏の感じになってきましたね。
西川建設の前の田んぼにも水が張られ、カエルの声もにぎやかです。

日差しの強い日もあり、車の中がアツアツになっていたりしますね(;^_^A
夏の日差し対策で昨年自宅の玄関とリビングの窓のところにスタイルシェードを付けました。

特に夏は昼過ぎから夕方にかけて玄関にガンガン日差しが当たってドアの持ち手がとても熱くなるほど・・・。
これを防げば、玄関ドアの劣化も防げるだろうし、なによりそこから伝わってくる熱でお家の中が暑くなるのをふせげる!!
と考えて、シェードをつけてみました!

リビングの掃き出し窓は南向き。でもノキがない・・・。なので昼間カーテンを開けているとけっこう日差しが入ってきます。
窓を開けて風を入れつつも日陰はキープしたい!ということでこちらにも取り付け。

実は昨年は夏の終わりごろにつけたので本領発揮させられないままに夏が終わってしまいました。

今年はすでに大活躍!


子供たちも
「これで家帰ってきたときドア持つとこ熱くないわ!!」
と言ってくれました。
わが家の玄関には爬虫類が数匹。
彼ら?彼女ら?も少しは快適な夏を過ごせるかなと思います。

工事も一日あれば十分終わるし、ロールスクリーンのように出したりしまったりが簡単なのもこれまたいいところ。

実家ではおおきな“よしず”をつかっています。

両親も年を取ってくると出したりしまったりが大変になるだろうな・・・。と思い、おススメしてみました。
今使っているよしずを買い替えるタイミングでスタイルシェードにしようかな・・・と検討中。

これから暑さが本格的になってきます。
そんな今!
6月から9月までLIXILの『リフォーム得々キャンペーン』がはじまっています。
ポイントでいろんなプレゼントがもらえます♪

  ⇦クリックすると大きくなります。

 ⇦クリックすると大きくなります。

どうしようかな~・・・。とお考えだった方は、せっかくなら今がお得な期間中です♪
ぜひご検討ください。

暑い時期、寒い時期、昔は『ガマンしてナンボ!』って感じでしたよね・・・。
ほんとは違います!!『暑さと寒さのガマンは健康の大敵』です!
少しでも快適に過ごして健康でいたいですね!!

カテゴリー: まゆみの日々のあわ


2019.06.6

玉ねぎとサボテンの花

西川建設 高橋です。

暖かくなってきました。

やっとハイネック卒業です。

 

 

今年の玉ねぎ、異様に大きくなりました。

小さい方が通常の大きさで、

大きい方の大きさわかってくれますでしょうか。

小さいスイカくらいです。

土がいいのか、異常気象のせいか?という人も。

 

もうひとつ、大量発生!!

サボテンの花のつぼみです。ひとつ咲きました。

それが・・

こうなり

五分咲き。

毎日、どんどん咲いてます。

全然つぼみがつかない年もあるのに、

これでも、少し切ってお嫁に出したのですが

今年は何があったの?というくらいの量。

 

 

サボテン・多肉 つながりで

サボテンの花器の中にサボテンが入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: E.T.の部屋


2019.06.5

徒然なるままに…

10日経っても、綱引きのアザの痛みがとれず

無神経な割に痛みには敏感な かなデス。

これといった話題もないままお当番の水曜日がやってきてしまいました。

 

なので

 

40代後半のオバチャン2人が平日に休みをとった場合

どんなふうに平日の昼間を過ごしたかを参考までに・・・

という なんということもない話デス   笑

 

金曜日はお休みをいただいて、愛媛県高校総体の開会式を見に松山へ。

 

川之江高校のバトン部・吹奏楽部がマーチング披露ということで見に行ってはみたものの

ものの10分ばかりで目的は終わり、特にこれといってほかの用事もなく・・・

徒然なるままに市内をウロウロ…

 

とりあえずはどこに行ってもまずパン屋

松山も有名どころは数多しだけど、今回はメジャーなところで

「himari」

相変わらずお客さんはいっぱい。

次から次へと入れ替わり立ち代わり。

パン屋も空腹で行っちゃ~いけません。

間違いなく食べきれん量を買っちゃいます。

が、今回は節度をもって購入致しました。

理由は簡単 満腹だったから(笑)

というのも

せっかくあっちむいて走るんだしってことで

行きはちょっこし西条で降りて これ!

 

マルトモ水産の海鮮丼【1,390円】

土日ともなれば、遠方からもこれ目当てのお客さんで列をなすココ。

川之江からもちょいちょいコレ食べに訪れる人も多いですよね~。

なんといってもお刺身のボリュームが売り♫

むしろ後半、刺身に飽きがくるぐらい(笑)

でもまた行きたくなるから不思議~~

そっからのパン屋なので最低必要量を無事購入

大量に買わなかった分、ちょっと寂しい気もしなくはないけど

なんといってもウエストのゴムに余裕はなし。

でも日暮れまでにまだお日様は2時の方向…

 

そこで思い立ったのがボウリング

向かうは「キスケ」

ふる~いボウリング場しかしらない昭和世代。

昨今のボウリング場の設備の良さとシャレ感に感動

平日昼間のゲーム料金のお安さにも感動

ゲーム料金にシューズ代も含まれてるうえドリンクバーまでついて至れり尽くせり

ゲーム状況のお知らせには細かいアドバイス付きで

倒れたピンの状態まで教えてくれるというご親切。

 

….え、イマドキ当たり前なん?笑

50歳目前 ボウリングスキル低めな割にイケてるスコアに

完全に調子に乗った2人。

もっと近けりゃなー!また行きたーい!

四国中央市も唯一だったボウリング場が閉鎖されもう数年

そんなに頻繁に行くわけじゃないけれど

ちょっとしたイベントに利用できたりあると良かったですよね~。

年配の方も案外たくさんいらっしゃってたし

若い人にだって、家でこもってゲームしてるよりよっぽど健全。

わいわいとコミュニケーションもはかれ、且つ運動にもなるし

ボウリング場建設推進派ですけどね~ あたし。

 

というわけで

やっぱりせっかく取ったお休み

つれづれなるままに 日暮らし 硯にむかひて… じゃつまんないので

喰う喰う遊ぶ の休日デシタ。ぜひご参考に(笑)

 

また来週

 

 

 

 

 

カテゴリー: 気分はラッタッタッタ♪


2019.06.4

完了検査と収納セミナー

こんにちは、西川建設 井原です。

 

6月になりました。2019年も半年が経とうとしていますね。早いです。

今週月曜日はI様邸の完了検査に立ち会ってきました。

指摘および問題は全く無く、今回も無事に終えました。

この日はとても良いお天気、階段吹き抜け上部のFIX窓に切り取られた空がとても綺麗でした。

 

久保本も書いておりましたが、先週金曜日に業者向けのPanasonic製品展示会と近藤典子さんの収納セミナーに参加させていただきました。

 

断捨離や終活による身辺整理などがブームになっている今、

書籍だけでなく雑誌やTVなどのメディアでも日々取り上げられるようになっています。

それでもなぜ、収納に悩んでいる人が多いのか。片付かない家が多いのか。。。

 

新築やリフォームをし新しく家を建てた方でもその後のアンケートで困っていることの1位がダントツで「収納」だそうです。

 

収納の定義とは『「物をしまい込むこと」ではなく、「使う場所」に使うものを「使いやすく」収めること』。

 

包丁やまな板などは台所、と誰が考えても使う場所が一致しすぐに決まります。

でも、薬箱は?電球や電池、アイロン、ティッシュペーパー・・・などなど。

実はその「使う場所」が明確には決まっていないものが半分以上を占めているそうです。

そのモノの場所は、住む人が自分自身で考えなければなりません。

 

だから、わからないまま、どんどん物があちこちに散乱していきます。

明確な物を戻す場所がわからず、もちろん一緒に住む家族も元に戻せないので、

結局、お母さんが「なんでこんなに散らかってるの!片付けなさーい!」と怒る毎日。

そしてクローゼット、押入れや納戸などにとりあえず仕舞い込んだものは、

奥行が深い故に取り出すことも無くいつの間にか忘れ去られ、

必要なときに探しても見つからないのでまた新しく買い込み、物がどんどん増えていく。。。

ということはどのご家庭にもあるある、なことではないでしょうか。

 

それは片付けられない「人」が悪いんではないんです。

収納や片付けは学校でも教えてくれないから、自分で考えなければなりません。

昔から変わらず決められた寸法で作られている収納スペースにより、余計に使いづらい収納になっているんです。

 

今回、LIXIL × 近藤典子さんが商品化したヴィータスパネルは、

そういう収納のお悩みを解決してくれる優れもの!

現物も触り、実際に近藤さんからどうしてこの寸法になったのか、

理由や使い勝手も詳しくお話しいただきました。

とてもよく考えられていて、使いやすく、リフォームでも新築でも施工しやすい

すごい商品だな~と感動しました。

詳しい商品URLはこちらから↓

https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/vietas_panel/

 

こちらの商品は、今年の感謝祭でも展示があるかも・・・?

なので、ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください。

 

   ―――――――――――――――――――――――――

   子育て安心住宅・設計室 西川建設株式会社

   〒799-0111 愛媛県四国中央市金生町下分1114

   TEL0120-58-4767   FAX0896-58-2191

   ―――――――――――――――――――――――――

 

 

カテゴリー: まいの暮らし


2019.05.31

学びの一日。

こんにちは。

西川建設 久保本です。
昨日は朝から、福田と井原と三人で高松に向かいました。

午前中はPanasonicのシ  ョールームへ新商品のお話を聞きに。


最近採用されるお客様がチラホラおられる、スピーカー一体型の照明が進化していたり、


ペンダント照明(上から吊り下げるタイプの照明)もおしゃれなものが出ていたり・・・。
福田や井原が「この場合配線は・・・。」という技術的な話をしている中
私は「わーーー!おしゃれー!」的感想が先に出てきてしまいます・・・。
よく言えばお客様目線・・・です!!

そんな目線で私が一番気になったのが、照明ではなくこれ!


『エアイー』というナノイー発生器。

天井に着けておくと、空気中の水蒸気を吸い込んで電気分解し、ナノイーが降り注ぐ・・・
という機械です。
空気清浄機とは違うのですが『脱臭』についてはすごい力を発揮してくれそうです!
例えばシューズクローク、玄関、ウォークインクローゼットなどにつけておくと、靴や服のにおいを脱臭してくれるんです!
新築の時ってあんまり考えないかなと思うんですけど、生活が始まって長くたつと臭い問題って気になってきたりします。
よそのお家に行ったときに玄関のにおいが気になって・・・「もしかしてウチも・・・?」と思うことありませんか?
そんな問題も一気に解決です!
わが家は玄関に亀や爬虫類や昆虫が居ます・・・これから暑くなってくると生き物が増えて臭いもますます気になります。
「これがあったら・・・。」とすごく気になりました!!
詳しくはコチラ↓↓↓
https://sumai.panasonic.jp/air/kanki/nanoe/

お昼ご飯を食べて午後からは、住まい方アドバイザー近藤典子さんの収納セミナーへ!
近藤典子さんはテレビや雑誌でご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが、収納やお片付けの第一人者、先駆者のような方です。
今回LIXILと近藤典子さんのコラボ商品が出る!ということで、セミナーと新商品のお話を聞きに行ってきました。
80人の定員を超える参加希望があったということで満員の会場!


楽しくてパワフルな近藤典子さんのお話。3時間があっという間でした。

『収納』とはなんなのか、『暮らしやすい』ってどんなことなのか、どうすればそれをお客様に上手に伝えられるのか、
どうすれば暮らしやすいお家を提供できるのか・・・。
「なるほど、だから散らかるんだ!」「こうすれば自然と片付くんだ!」
などなど、近藤典子さんのアイデアもたくさん見せていただきました。
住み始めてからではなく、お家づくりを進めていく段階で『片付く家』を考えていくことってホントに大切!!

コラボ商品の『ヴィータスパネル』は『片付く家』を考える上でとても気になる商品でした。


「あー!わかるーーー!」というような『収納あるある』『散らかるあるある』『片付かないあるある』
が、近藤典子さんの長年の経験と知識と、LIXILの技術で一気に解決!!
という感じでした。

詳しくはコチラ↓↓↓
https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/vietas_panel/

これまた「これがあったら。。。」とわが家に導入したくなりました!ほんとに。ほんとにほしい(笑)

お家づくりをする上で、デザインや設備機器、断熱や耐震性といったような構造の部分など、ハード面について私たちもよくお客様にお話します。
それに加えて、お客様の『暮らす』という「日々の生活」についても意識することはとても大切なんだと改めて勉強になりました。
「どんな『暮らし』のご提案をさせていただくかで、住まう方の人生が豊かなものにも貧しいものにもなる。」
と、近藤典子さんもおっしゃっていました。
お客様の暮らし方は人それぞれ。
そのお客様にとってどんな住まい方が『暮らしやすい』のか。
たくさんお話をうかがってご提案をし、お施主様が『素敵ないつも』を過ごしていただけるお家づくりをしていきたいです。

 記念にみんなで撮ってもらいました!!

カテゴリー: まゆみの日々のあわ,未分類


次のページ

前のページ

↑トップへ