スタッフブログ

2019.01.10

新年の花とボヘミアン

カテゴリー: E.T.の部屋

西川建設 高橋です。今年もよろしくお願いいたします。

 

今年の新年の花です。

プリザーブドフラワーで門松も作りましたが、

やはり生の花。

事務所のカウンターに飾りました。

竹を中心に、松・菊・葉牡丹・千両と定番の花材を使っています。

あと、扇子や干支の凧や水引でお正月度をアップさせます。

 

 

これは、主人の実家に飾ったお花。

一本のデンドロビウムを短く切って5本に分けて生けています。

干支の凧はこんな感じ。

干支関連のものはタイムリーなのですが、

次に日の目を見るのは12年後なので充分飾っておきたいと思います。

 

そして、我が家のお花。

竹と松と菊と千両に加え、真っ赤なアンスリウム。

ここにイノシシの置物。

また12年後に会いましょう。

 

 

 

新年早々、また『ボヘミアン・ラプソディ』(映画)を観ました。

2回目です。

テレビで『E.T』を何度観ても感動するけれど、

同じ映画を映画館で2回見るのは初めてです。

つい見ていない人に勧めてしまいます。

お正月にも親戚が集まってその話になりましたが、

義妹も2回、甥に至っては4回観たとかで、上には上がいるもんです。

(この話になると長くなるのでここらでやめておきます。)

 

今年も、季節のお花や事務所のお花をお届けしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

一度、ボヘミアンのイメージの花にも挑戦する時があるかもです。

 

↑トップへ