家づくりお役立ち情報


2020.05.30

木造住宅でも地震に強いの?

木造住宅に住みたいけれど、耐震性を心配している方はいらっしゃいませんか。
果たして木造住宅は地震に弱いのでしょうか。
そこで今回は、木造住宅が地震に強いかどうかについて解説します。

地震

□木造住宅の耐震等級について

住宅の耐震性を表す基準に、「耐震等級」があります。
耐震等級は3段階の基準で表されます。
耐震等級3が1番強い基準です。
木造住宅では、耐震等級3のものを選ぶ必要があるでしょう。
この理由を紹介します。

熊本地震の性能別住宅被害状況

日本は地震大国と呼ばれる通り、過去に何度も大地震が起こっています。
その大地震の1つである熊本地震の際に、耐震等級3の重要性が認識されました。
なぜなら、熊本地震の際に、耐震等級3で設計された戸建ては、ほぼ無被害もしくは軽微な被害状況であったからです。

この先、日本のどこで震度6や7の地震が起こるかわかりませんよね。
そのため、木造住宅では「耐震等級3」の認定を受けることが必須でしょう。

(参考)熊本地震での各地での震度

熊本地震での各地の震度

□木造住宅の工法別のメリットやデメリット

木造住宅は、その工法によって特徴が異なります。
ここでは、木造軸組み工法、ツーバイフォー工法、木造ラーメン工法の3つの工法について紹介します。

*木造軸組み工法について

木造軸組み工法は、日本の伝統的な住宅建築の工法です。
そのため、別名在来工法とも呼ばれます。
基礎の上に柱や梁、筋交いを組み立てる方法です。
この工法には、どのようなメリットがあるでしょうか。
まずは、設計や間取りの自由度が高いという点があります。
これは、将来的にも増築やリノベーションがしやすい工法です。
ちなみに、日本の住宅でも最も多い工法であるため、この工法で住宅を建ててくれる業者は比較的探しやすいです。

*ツーバイフォー工法について

ツーバイフォー工法は、欧米から入ってきた工法です。
簡単に言えば住宅を壁で支える工法です。
面で構成されているため、耐震性や耐風性が優れているというメリットがあります。
一方で、間取りに制限があったり、壁の強度が低くなるため開口部が狭くなったりするデメリットがあるでしょう。

*木造ラーメン工法

こちらは、基礎の上に垂直に柱を立てて、水平に梁を張り建物を支える工法です。
荷重に耐える力が強く、壁や柱が少なく済むため、大きな空間や大開口の家が実現できます。
しかし、コストが高いデメリットがあります。

□まとめ

「耐震等級3」であれば、木造住宅でも地震に強いと言えます。
逆に言えば、「耐震等級3」以外の木造住宅はおすすめできません。
木造住宅を建てる際は参考にしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 耐震


2020.05.26

注文住宅を建てるのにかかる費用には何があるの?

注文住宅をお考えの方で、注文住宅にかかる費用が分からなくて不安だという方はいらっしゃいませんか。
注文住宅は大きな買い物であるため、慎重に購入を進めたいという方は多いです。
スムーズな取引のためにも費用の内訳は把握しておくことが大切です。
注文住宅にかかる費用について紹介します。

□注文住宅にかかる費用の内訳

注文住宅にはどのような費用がかかるのでしょうか。
建物を建てる費用だけで注文住宅ができるとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、注文住宅にかかる費用はそのほかにもあります。
どのような費用がかかるのかを確認しましょう。

注文住宅にかかる費用割合フラフグラフ

*本体工事費について

まずは本体工事費です。
もちろんこの部分に1番費用がかかっており、おおよそ全体の7割は本体工事費です。
では、残りの3割はどのような費用が発生しているのでしょうか。

*付帯工事費について

残り3割のうち2割を占めている項目が、付帯工事費です。
付帯工事費は、建物本体以外にかかる工事費用のことを指します。
本体以外の工事費用とはどのようなものでしょうか。
注文住宅を建てる際には、本体以外に、解体工事や造成工事、基礎補強工事などが行われます。
そのほかにも、インテリアの一部やエクステリアの費用もこの付帯工事費に含まれます。

*諸費用について

残る1割は、諸費用と呼ばれるものです。
諸費用とは、注文住宅を建てる際に生じる各種税金やローン関連費用、火災保険の支払いのことを指します。
ちなみに、諸費用は住宅ローンではまかなえないことが多く、現金で準備する必要があります。

諸費用の詳細

不動産取得税
ローンに際して必要となる諸経費

その他必要となる諸経費
マイホームFPより抜粋

( 詳しくは、住宅ローンのご相談を受け付けております。そちらをご利用ください。 )

□注文住宅を建てた後にかかる費用について

これまで、注文住宅を建てる際の費用について紹介しました。
しかし注文住宅は、建てる前だけでなく建ててからも費用がかかります。

注文住宅を建ててからかかる費用とは、ランニングコストのことです。
ランニングコストには、各種税金、保険、そして光熱費と住宅の維持費が含まれます。
これらの性質を把握すれば、ランニングコストは抑えられるため、住み始める前から考えておきましょう。

断熱イラスト

光熱費を抑えるためには、注文住宅を建てる前に対策を打つ必要があります。
光熱費を抑えるポイントに、高気密高断熱という点が挙げられます。
高気密高断熱の住宅は、熱を逃がしにくく外気の影響を受けにくいという特徴があります。
そのため、光熱費が抑えられるでしょう。

断熱と体感温度

□まとめ

注文住宅には、建設前にも建設後にもさまざまな費用がかかります。
何も知らずに住宅の購入を進めた場合、混乱してしまう方がいらっしゃるかもしれません。
混乱しないためにも、注文住宅の費用についてはこの記事を参考にしてみてください。

カテゴリー: 費用


2020.05.22

マイホームを検討中の方必見!快適なお部屋の条件は何?

マイホームの部屋を、できるだけ快適な部屋にしたいとお考えの方は多いです。
しかし、具体的には快適な部屋とはどのようなものか見当もつかないという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、快適な部屋の条件について解説します。
快適な部屋づくりにぜひ参考にしてみてください。

□快適な部屋にするためには「室温」が重要

具体的に快適な部屋といって何を思い浮かべるでしょうか。
快適な部屋で重要な要素の1つに、「温度」があります。
各部屋の温度を一定に保って温度のムラをなくすことで、快適な部屋が実現できます。

気持ちの良い吹抜け

では、どのように各部屋の温度を一定に保つのでしょうか。
熱交型24時間換気システムと気密断熱の良い家にすること、さらに光冷暖を採用することで家の中の温度管理が簡単にできるようになります。

*第1種・熱交型24時間換気システムについて

熱交型24時間換気システムをご存知でしょうか。
その名の通り、24時間住宅内の換気を行い、熱だけを交換しながら空気の循環を促すシステムを指します。

エコエア

24時間換気システムにはいくつかの種類がありますが、快適な部屋作りには、第1種・熱交型24時間換気システムがおすすめです。
第1種では、給気口と排気口の両方に換気扇を設置して換気します。
この給気口と排気口に熱交換システムを設置すれば、室内の温度を一定に保ちやすくなります。
エアコンと併用して快適な部屋を実現しましょう。

*光冷暖について

光冷暖とは、遠赤外線の輻射・放射を活用し、自然界の原理と同じ方法で室内の快適温度を実現する快適空間システムです。
無風、無音で快適環境を維持できるため、エアコンによる体調不良の心配はありません。
また、無風なため室内のホコリやウィルスを巻き上げることもありません。

光冷暖では、専用の内装材を用いることで家中の温度を一定に保つことが可能です。
そのため、どの部屋に行っても暑くない・寒くない、温度のエリアフリーが実現します。
部屋間の温度差がなくなり、ヒートショックの予防になるため、快適な部屋づくりに大きく役立ちます。

光冷暖

□ヒートショックの危険性

よく言われるヒートショックとはどのようなものでしょうか。
熱交型24時間換気システムと気密断熱を良くすることで、ヒートショックを予防できます。
ヒートショックとは、急激な寒暖差により血圧が乱高下することで、さまざまな健康被害を引き起こすことを指します。

ヒートショック

血圧の変動は心臓に負担をかけてしまいます。
そのため、ヒートショックは、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす恐れがあるでしょう。
熱交型24時間換気システムや気密断熱を良くして、ぜひ対策しておきたいですね。

ヒートショック

□まとめ

快適でない、断熱性能の低い部屋に住んでいると、ヒートショックで命を危険に晒してしまう可能性があります。
ぜひ熱交型24時間換気システムや高気密高断熱、さらに光冷暖で快適で健康な生活を送りましょう。

カテゴリー: 住みやすい家,快適な住宅


↑トップへ