スタッフブログ

2019.08.11

ちょっとだけ、リノベーション工事。

カテゴリー: フクダのいろいろ日記

家づくりプランナー 福田です。

数年前に新築工事をさせていただいたW様のお家にメンテナンスに行かせていただき時に

ご相談がありました。

『リビングの夏の暑い日差しを押さえたい』

『子供室とリビングにドアをつけて仕切りたい』

と、2つのご要望がありご提案させていただきました。

 

まずは、リビングの日差し問題・・・。

最近、事務所の窓にも取付けスタッフにも好評のスタイルシェードを

リビングの大きな窓につける事をご提案。

 

施工前

 

 

斜めの屋根には取り付けられないので、問題を解決すべく大工さんに木材を取り付けてもらい

スタイルシェードを取り付けました。

 

 

  

いかがでしょうか?

屋根の取り付けた事でリビングの窓とシェードに空間が生まれ

風通りも良くなりました。

また、お子さんもデッキの日陰で遊ぶことも出来ますし

フェンスからシェードを引っ張れば、プール遊びも日陰で出来そうです。

今回の色はブラウンです。

お家のブラックカラーにピッタリでカッコ良く仕上がりました。

 

これで解決・・・。ですが

さらに快適に暮らせるご提案。

それが、吹抜の大きな窓。

この窓は、冬場は日差しを取り込むのに活躍しますが、夏は対照的に日差しをカットしたいので

日差し除けに、ロールスクリーンとタテ型ブラインドをご提案。

いろいろと検討した結果

日差しを調整できる、タテ型ブラインドを選択して頂きました。

 

施工前

 

  

いかがでしょうか?

日差しをカットするだけでなく、タテのハネが動き日差しを調整することができます。

外からの視線も調整できる優れモノです。

 

 

もちろん、開ける事も可能です。

 

リビングから見上げても、オシャレです。

この2つで、日差し問題は解決です。

 

 

 

そして、もう一つのご要望の仕切り工事。

 

施工前

 

こちらの工事は、大工さんとクロス屋さんにお願いしました。

 

大工工事に1日、クロス工事に1日と頑張って頂いたので

予定より早く終えることができました。

 

 

いかがでしょうか?

子供室とリビング吹抜けの廊下に、上吊りの引込み戸を取り付けました。

これで、個室としても使えるようになりました。

 

工事も予定より早く終わり、お施主様にも大変喜んでいただけました。

今回はリフォームでなく、リノベーション工事。

リフォームとリノベーションの違いは分かりづらいですが

 

リフォームは、『元に戻す』工事のこと。

つまり、古くなったのもを新しくする事がリフォーム工事。

 

リノベーションは、『つくり変える』工事のこと。

つまり、機能を考え新しい価値を生み出す事がリノベーション工事。

 

新築のイメージが強い西川建設ではありますが、

リクシルリフォームショップとして、リフォーム工事とリノベーション工事も

ドンドンと工事をしていますので

お住まいに何か疑問・問題がありましたら

ご気軽にご連絡してください。

より暮らしやすいご提案をさせていただきたいと思います・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑トップへ